編集方法

明細編集


入力効率の追求付箋・明細検索機能

ボリュームの大きい積算物件の場合、付箋機能により不明点を後後回しにし、判明した時点で付箋の場所に戻って入力することで作業効率が上がります。付箋にメモ機能も付いています。また入力した設計書内のある明細を探したい場合、検索機能が有効です。

効率の追求明細一覧画面

直接工事費、間接工事費、積上げ明細に計上した単価表を一覧表示することができます。工事全体の施工数量の把握、数量の修正、条件の修正が簡単に一括して行えます。

過去に同種の積算実績がある場合、複数の設計書を同時に開き編集が可能です。同様の工種を一括コピー・貼り付け、同一設計書内でも右クリック(ポップアップメニュー)にて内訳レベルのコピー・貼り付け・切り取り・削除が可能です。Excelライクの操作性は誰にでも簡単です。

高機能で時間短縮設計書マルチ表示機能


経費計算


簡単!経費計算

各発注者の積算基準に合わせた経費率を工種・施工地域情報など簡単な条件設定のみで習字に算出します。詳細に調整したい場合は、経費率の割合補正や直接指定、経費率額の金額入力、端数処理方法の変更などを細かく指定することができます。発注者用に変更計算、合算計算にも対応。もちろん民間工事の積算にも対応しています。

工事価格の調整

共通仮設費、現場管理費、一般管理費を任意の率・額で計上できます。さらに積算基準の○○%という計上可能です。これは発注者の経費の50%で計上したい場合などに有効な機能です。工事価格を指定するとそれに合わせて一般管理費を自動調整する機能も搭載しています。

経費計算条件シート表示

経費の工種はどれを選択すればよいか悩む場合があります。土木マスターでは基準書の内容がそのまま記載されているので安心です。どんな工事内容の場合、どの工種を選択すればよいかすぐに判断ができ、選択した積算基準・工種の経費も一覧で参照可能です。


シミュレーション


落札できる積算を支援最低制限価格・調査基準価格シミュレーション機能搭載

各発注者の入札制度を元に積算した結果、もしくは積算前に予定価格より直接工事費、各経費を逆計算、最低制限価格・調査基準価格をシミュレートできます。

内訳書自動作成

積算済の設計書では応札価格を決定したらそれに合わせた内訳書の金額調整を自動で行います。